借入に必要な物は、身分証明書と印鑑です。基本的にはこれらがあれば良いのですが、金額の大きさや、借りる場所などで多少の違いもあります。その例として、2つ挙げましょう。まずインターネットです。これは冒頭のどれもが要りません。それらの代わりにIDとパスワードを獲得してください。ネットに繋がる回線とパソコンなどの機器、そしてメールアドレスが必須です。フリーメールではダメなこともありますので注意しましょう。次に融資を受ける場合です。こちらは大変大きなお金が動くので、試算表や返済計画表などたくさんの書類が必要です。よく確認をし、事前に準備しておきましょう。


借入時には、次のものが必要です。まずは、免許証やパスポート、保険証などの身分証明書です。これらは、自分が本人であることを見るためのものです。ならば、名前があればいいだろうと思って、スタンプカードやレンタルカードを持って行っても全く役にたちません。公で認められているものを用意しましょう。次に印鑑です。消しゴムはんこやキャラクターもの、自分以外の苗字などは当たり前ですが無効です。会社や金額によって、他にも何か要るものがあるかもしれませんので、事前に確認しておきましょう。


借入するには、印鑑が必要なことが多いです。ハンコは、自分の苗字以外のものでも、簡単に手に入ります。しかし、それを使ってはいけません。本人確認として身分証明も同時に要るので、どのみちバレてしまうでしょう。さらに印鑑証明も合わせて必要になるのことがあるので、その時は登録をして発行しておきましょう。ちなみに、当たり前のことですが、キャラクターものや自作では無効です。